モクログ

Moclog モクログ サラリーマンブログ

サラリーマンブログ。「仕事に対するモチベーションがあがるもの」などを更新できればと考えています。

MoclogのオフログVol.35【緊急指令~クローゼットの断捨離を決行せよ~】

本日もぬるっと始まります、オフログです。

先日、またもやローソンで美味しそうなスイーツを見つけました。それがこちら。

Kiriの夏のレアチーズケーキなる商品で、税込167円、1個(70g)当り172㎉となっています。チーズケーキがとても好きだということ、なによりKiriのチーズケーキなら外れはなさそうと思い、即購入しました。中身は2層になっていて、しっとりとしたチーズケーキをベースにし、上にふわふわ触感のレアチーズが重なっていました。早速一口。これは……、王道のレアチーズケーキ。さらにもう一口。これは……、二口目も、まさに王道のレアチーズケーキ。もちろん大変、大変美味しいのですが、Kiriのチーズ感はあまり感じられず、ストレートなレアチーズケーキでした。逆に研究に研究を重ね、味見に味見を繰り返し、日本人の口に合うように仕上げた結果、辿り着いた味なのかもしれません。普段食べているKiriはあくまでチーズであり、クリームチーズではないとか……と思って調べてみたところ、普段食べているチーズもクリームチーズと記載されていました。私の味覚が旅に出ていてお留守だったのかもしれませんが、もう少しいつものKiriの味わいがあったら、もっと嬉しかったのではないかと感じました。とはいえ、もちろん美味しかったですし、ここまで凝縮されたこの量のKiriのチーズを食べられると考えると贅沢な気がしてなりません。商品名に「夏の」と書いてあり、夏限定と思われますので、気になる方はローソンへGOして下さいませ。

 

クローゼットの断捨離

さて、タイトルにもある通り、断捨離を決行いたしました。きっかけは「洋服多くない?クローゼットに収まってないよ」という妻の一言でした。確かに妻と比較すると私は洋服も多く、比較対象が1人しかいないので、断捨離をせざるを得ない状況でございました。ただ、本腰を入れて掃除をすると気分が良いので、気合を入れて行いました。そもそもクローゼットに入っていないと言われた元の状態はこのような状態でした。

クローゼットとその横の空いたスペースに突っ張り棒をつけ、部屋着やボディバックなどを別に掛けています。ちなみにクローゼットの中に白いチェストがありますが、最近は服を畳まず、ハンガーに掛ける方式へと移行したこともあって、チェストの中身はスカスカです(長ズボンが数本ある程度)。今回のミッションは部屋着もクローゼットの中にしまうこと。物理的にこのままではクローゼットがパンパンになってしまいます(写真では余裕があるように見えますが、片方にかなり寄せております。ワタシ、コレキライ)し、チェストにはあまり入れたくない(畳むことを卒業したので)ということもあり、消去法かつ、唯一の方法、洋服さよならバイバイの開始です。今回の審査方法は大変厳しく、

・「まだ着そう」「たまに着るしな」「着られるよな」→全てに感謝とお礼

・「今着ている」「季節が来たら確実に着る」→契約更新!

となりました。ここの基準を厳しくしていかないと、結果として時間と労力を費やした割に、大して変化が見られない状況が生まれてしまいます。時には心を鬼にして、接しなければならぬのです。この基準が決まったら後は、余計な情が生まれないように、脳と身体をバラバラに(怖)、機械のように考えずに動くようにしていきます。手に取る、ファーストインプレッション、判断の流れです。「今までお世話になった」「あの時の思い出が」、わかります。しかしここでは過去ではなく、未来を見ていかなければなりません。新しい自分で歩むことだけを考えましょう(何言っているのか自分でもわかりません)。そしてある程度の精査が終了した辺りから、今度はどのようにクローゼットに収めるかを同時進行で検討します。ここで初めて、脳と身体をくっつけます(怖)。私は部屋着と外用の服をどうしても区切りたいと思ったので、ボディバッグなどを入れている吊りさげラックもクローゼットに入れることにしました。吊り下げラックは100均一で購入できます。(写真のものはキャンドゥで330円このラックは普通に便利ですし、デッドスペースに有効活用出来ることもあるのでオススメです。

正味40分作業で出来上がったクローゼットがこちら。とする前に、クローゼットに詰め込んだのでスペースがなくなり、正直見た目がごちゃついてしまったので(やった意味)、先にさようならを告げた洋服のハンガーとそれを纏めた袋(70ℓ)がこちら。

結構な量だったと思います。最後に、クローゼット全体はこちら。

この可もなく不可もなくな感じ、いかがでしょうか。一応「1つに纏めること」というミッションはクリアしております。実際使うのは私だけですし、使っていない時は扉を閉めていますしね。今まで心を鬼にして取り組んでいたので、今回はこれで良しと、自分に甘く接していきたいと思う、モクログでした。

Moclog

■Moclog記事まとめ

MoclogのぼやかせてくださいVol.5

Moclogのぼやかせてくださいです。

今日は目や肩を温めると幸せやで、というお話。

過去に何度か記載したことがあるのですが、私は目が弱い方で、Blogを集中して長い時間書いていたり、暗いところで動画を見ていたり、直射日光を浴びすぎたりすると、目の奥が痛くなることが多いです。痛んでいる時は、血の流れがわかるような、血流の「ドッドッ」という音(?)に合わせて、ズキズキと痛みます。予防としては、Blogを書く時はブルーライトカットのメガネを着用し、暗いところで動画は見ない、外出時はサングラスをする、などを心掛けています。加えて、ホットアイマスも定期的にしています。

先程記載した通り、血流に合わせて痛むことが多いので、それなら温めれば血行が良くなるのではないか、というところからスタートしました。結果、とても良いです。私は目を使い過ぎたと感じた日は、寝る前にホットアイマスクを行うことが多いので、翌日の目の軽さ(表現が難しいのですが)に直結している気がします。もはや私レベルまで来ると、目を酷使した(と感じた日)翌日に目の奥に痛みがない=ある程度調子が良い判定をするので、このホットアイマスクをした翌日は基本調子が良いです。目を酷使して、ホットアイマスクをしなかった場合どうなるのか、という比較をした方がより違いがわかるのかもしれませんが、目の奥の痛みは本当に心から、いや心の底からやる気がそぎ落とされるので、試すことは絶対にしません。その為、これがホットアイマスクの力なのかと言われると断言は出来ませんが、私はそうであると信じております(信じる力は大切)。

私が愛用しているホットアイマスクはあずきを使用し、電子レンジで繰り返し使えるもので、実はこちらの肩バージョンも持っております。

あずきの程よい重みが、目や肩に心地よい負荷(という名の温もり)を与えてくれるので、とてもオススメです。肩バージョンは妻が使うことが多く、お化粧をしながら使っています。私は肩凝りを感じたことがない人生を歩いているため辛さがわからないのですが、首回りが軽くなる気がするので、こちらも定期的に使用しています。目や肩だけお風呂に浸かっている感覚です(これは上手いこと言いました。オチもないので、ここで締めるしかありません)。

それはすなわち、そう、「幸せ」と、人々は呼ぶのではないでしょうか(雑)。

Moclog

■Moclog記事まとめ

朝は戦じゃ、気持ちを上げろvol.17~サラリーマンの日常~【腕時計は記憶とともにVol.2】

本日はまたもやだらだらと2部構成となってしまった、腕時計紹介の続きとなります。前回は腕時計を見ているだけで次から次へと古い記憶が蘇り、意外にも記憶が残っていた自分に感動し、無駄に思い出に浸り、Blogの内容だけでなく、Blogを書く時間までもが長くなっていたことに気が付いたのは文字数が2,000文字を超えた頃でした。私は基本、1度書いた内容は書き直す必要はないと思っていて(嘘)、決して手直しを行わないため(嘘)、完全に手遅れ(怠慢)です。出来る限り自然体なBlogを書きたいと思っているからこそ、前回のような……と書き始めるとまた脱線に次ぐ脱線の上、(私の中の)文字数オーバーという結末しか見えてこないので、早速(?既に300文字)腕時計紹介Part2を始めたいと思います。

■Part1はこちら

moclog.hatenablog.com

社会人10年目の私が愛用している腕時計たちPart2

3つ目の腕時計はこちらです。こちらも2つ目同様、Orobiancoの腕時計です。品番は「OR-0061N」で、金額は9,000円前後でした。今までの腕時計に比べ文字盤がとてもシンプルな作りで、見た目のゴールドとシルバーでスッキリとした印象が、少しの派手の中に大人の雰囲気を醸し出しています(食レポ風に紹介したく)。見た目はゴールドが目立つ作りとなっているので、やや主張が強く感じる部分もありますが、悪目立ちすることはない(良い意味で品がある)と思います。この文字盤で、ベルト部分がシルバーとなっていたらビジネスでの使用は少々難しかった(派手さが際立ち)かもしれませんが、落ち着いた革のベルトが全体をキュッとまとめてくれています。スーツと合わせても良いかどうかについて少し迷った時期もありましたが、結論、問題はありませんでした。以前のBlogで紹介したボールペンとの相性も良かったです。また今までの腕時計の中で重量が1番軽い(36.5g)ので、長時間つけていても邪魔になること、腕が疲れるといったこともありませんでした。接客業などの常に立ち仕事となる方や女性にもオススメです。

続いてはこちら。

Hamiltonの「H325650」という品番の腕時計です。金額は75,000円か80,000円近くした気がします。「ハミルトンのジャズマスター オープンハート」と言えば、聞いたことがある方も多いと思います。こちらの腕時計は、私が入社して7年目、責任のある立場になった際に、その記念として購入しました。金額も金額ですし、思い切った買い物でした。「責任のある立場にしては年齢が若いということで、なめられたくない」といった気持ちが多少なりともありました。腕時計で判断されるわけではないですけどね。こういった時以外では、購入を検討もしないだろうと思います。文字盤はスケルトンになっていて、美しいゼンマイの動きなども見ることができ、とにかくオシャレです。気持ちだけは余裕を持ったように思えますし、スーツにもとても合います。また、こちらは人生初の自動巻きの腕時計です。自動巻きとは、身に付けているだけで、腕の動きによって自動的にゼンマイを巻いてくれるというものです。電池交換がいらないので、言ってしまえば、半永久的に使うことが出来ます(逆に言えば、全く着用しないと止まってしまいます)。どこか生き物のようにも感じ、愛着が湧きます。ベルトはシルバーのものもありましたが、革のタイプが気に入っていたので(2つ目、3つ目で紹介した腕時計も革ベルトでしたし)、革の物を購入しました。長く使っているので、めくれてきてはおりますが、それも味かなと思っています(流石に破れそうになったら変えます)。この腕時計は当時のやる気や決意など、本当に様々な感情が蘇ってきます。身なりにもっと気を付けよう、と思い始めたのもこの頃なので、スーツの沼にハマるきっかけを作ったのが、何を隠そうこちらのハミルトンの腕時計でした。今でも見ると、頑張ろうと思える、不思議な腕時計です。

いよいよ最後です。最後はこちら。

CITIZENのEco Drive、品番は「H500-S065477」です。調べても出てこなかったこと、また購入がハワイだったので金額は定かではありませんが、15,000円から18,000円くらいだったかと思います。ハワイに行った記念(現状海外旅行は人生この1回のみ)として購入しました。「エコ・ドライブ」というのは、太陽光はもちろん、部屋の少しの光でも電気に変えて時計を動かすことができる技術のこと(公式サイトによると、余った電気を二次電池に蓄えるそうです。すごい)で、定期的な電池交換は不要になります。時間のずれが生じにくくなる点も良いです。暗闇でもフル充電されていれば半年以上駆動可能とのことなので、大変な技術ですよね。ベルトは暫く革製のものが続いていたので、シルバーを選択。文字盤の色がブラウン系になっているので、大人の香りが漂います。言わずもがな、スーツとの相性は最高です。ハワイの思い出ということもあり、最近はこちらの腕時計を付ける機会が多いです。

本当はまだまだ書きたいことがあるのですが、また文字数お化けになりそうですし、私もいい大人なのでこの辺りで留めたいと思います(ようやく学び始めました)。腕時計はスーツを、そして自分自身を更に引き立ててくれますので、高い買い物ではありますが、自分へのご褒美として(私は与えすぎ)、お気に入りの1本を探してみてはいかがでしょうか。

P.S余談ですが、革のベルトは夏などの暑い日、汗をかくときはベタつきを生じてしまうので、それが苦手な方は夏がシルバー、冬は革のベルトなど分けて使うと良いかもしれません。

Moclog

■Moclog記事まとめ

MoclogのオフログVol.34 【サラリーマンのタイムスケジュール~休日編~】

本日もぬるっと始まります、オフログです。

また我が家にハワイの絵が増えました。こちらは別途Blogで紹介したいと思っているのですが、やはり、ハワイアンのお店に行くと、どれもこれも可愛く見えて、財布の紐が緩みっぱなしになってしまいます。せっかく来たから何か買いたいと思うから買う、というより、そういう体にしてしまおう(少し気持ちが楽になるから)と思って足を運んでいるわけで、言ってしまえばお店に入ってから財布の紐が緩むのではなく、入店前にすでに財布から中身を取り出し、手に握りしめている状態なわけですね。いわゆるノーガードです。それでは流石にいけないなと感じているので、今後は財布の紐は縫い合わせ、両手を縛った状態で来店することにします(?)。今回購入したものも絵だったのですが、洋服や雑貨も購入しているとはいえ、家の中を見渡してみると、圧倒的に絵が多いなと感じております。絵は基本的に全て壁に掛けるようにして飾っているので、雑貨などと違って物が多くなってごちゃついたり、散らかって見えたりということが少なく、ズボラな私でも部屋をスッキリ見せられるということもあって、増えてしまっているのかなと自己分析をしております(言い訳の言語化)。物が増えてしまっている事実はありますが、結果的は部屋がハワイ風になって私にとっては癒し&リラックス空間になっていますし、妻も気に入っているので、これはこれで我が家のあり方なのかな、と考えるようにしています。しばらくハワイ雑貨は増えないのではないかと現状思っておりますが、もし増加しそうな時は、遠方に住んでいるハワイ好きな妻のご両親が我が家に来られる際、(頻繁には来られないので)お出迎えと寛ぎの空間を与えるためという名目(すなわち言い訳)で、購入していきたいと思います。

さて、夏も本番を迎え甲子園やインターハイなど、高校スポーツが盛り上がってきましたが、皆さん暑さに負けていませんでしょうか(冒頭2回目疑惑のような入り)。今日は私のタイムスケジュール休日編を紹介します。

■平日編はこちら

moclog.hatenablog.com

サラリーマンのタイムスケジュール 休日編

私は暑い、寒いに関係なく、大体同じような流れで休日を過ごしています。

※写真はイメージです

■8:00~9:00 起床

起床は8時から9時の間です。この1時間の幅は、息子が起きるか起きないか、前日の就寝時間によって前後します。あまり夜更かしをするタイプではないので、この時間に起床すると、大概目はしっかり冴えています。起床後すぐに、顔を洗ったりなど、予定がない休日であっても、最低限の清潔さは保つようにしております。ちなみに、洗顔フォームなどは使わず、水(orお湯)で洗って、オールインワンタイプのジェルクリームで保湿します。こちらは使用後にスーッとして気持ちが良いのと、しばらくすると顔に馴染む感じが好きで、愛用しております。

また、早起きした際はBlogを書いたりもします。

■9:20 掃除関連

起床後20分ほどで人様に不快感を与えない程度まで身支度を整え(+ガジュマルちゃんの水やり)、掃除を開始します(私は土日祝日が休みですが、掃除は基本的には土曜日に行っています)。最初にお風呂掃除からスタート。ポイントとしては、浴槽、湯船を洗い終わった後、排水溝を徹底的に洗うことです。ここを疎かにすると、夏には虫が出てきたり(コバエはすぐに出てきますからね…)お風呂全体に嫌な臭いがしたり、オーバーフローを起こしたりする(洗っている途中に発生すると、激萎えするのではないかと思います)ので、絶対に欠かさず行います。私は今の家に住んでそろそろ4年ですが、お風呂場が臭ったり、オーバーフローを起こしたことはありません。(コバエはごく稀に発生していますが)そしてお風呂掃除が終わったら、洗濯を回します。何故最初に回さないかというと、お風呂掃除後のバスマットと、足ふきタオルちゃんも洗いたいからです。洗濯を回している間に、1階と2階のトイレ掃除を行います。私はスクラビングバブルの流せるブラシを使って掃除をしています。トイレにそのまま流せますし、手も汚れないのでオススメです。もちろん便座や床などは、別途トイレクイックルのシートで拭いています。トイレクイックルのシートは厚手なので、1枚で長く使えます。他の商品も試しましたが、結果、こちらの商品に戻ってきました。トイレ掃除終了後、寝室と書斎の掃除機を行います。

■10:00 朝食

ここでようやく朝食です。私は性格上、掃除などを先にやりたいタイプなので、いつもこのくらいの時間に朝食を取ります。(今の季節は暑く、夏バテの恐れもありますので、出来れば朝食は早めに取られると良いかと思います)

■10:45~11:00 洗濯干し

朝食中に洗濯が終わるので、妻か私が洗濯を干します。

■11:00 家族タイム

動画を見たり、会話をしたり、家族団らんというものをします。

■12:30~14:00 買い物

ここでの買い物はスーパーなど、食材の調達が多いです。徒歩圏内にスーパーがあるかどうかは、結構家選びにおいて重要なポイントでした。

■14:00 昼食(+ティータイム)

■16:00~Blog作成(+筋トレ(土日のどちらか)息子は昼寝)

■19:00 入浴

休日は息子と一緒に入ります。2人もよく汗をかくので、しっかりと洗います。

■20:00 夕食

■21:00 家族タイムSECOND

■23:00~0:00 就寝

就寝時間も息子によりけりですが、この時間あたりで寝てくれるので、息子が寝たら歯磨き等の寝支度を済ませ、私たちも寝ます。

休日はいつもこのようなスケジュールで過ごしています。今回記載したスケジュールはどちらかと言うと土曜日のもので、日曜日は午前中から妻か私の行きたいところに行き、入浴くらいから同じスケジュールとなります。日曜日は起床後か夕食後にBlogを書いています(夕食後の場合は、書斎ではなくダイニングで、家族と話ながら書きます)。息子と遊びつつ、妻を休ませつつ何かをする、が理想ですが、まだまだ妻に甘えて生活しております。家事は得意ではありませんが、もう少し学ばなければいけないなと思う、モクログでした。

Moclog

■Moclog記事まとめ

写真素材素材【写真AC】

MoclogのオフログVol.33【ハワイアン雑貨コレクションVer.3】

本日もぬるっと始まります、オフログです。

先日ローソンに売っていた「ツインシュー(湘南ゴールドクリーム&ホイップ)」というシュークリームを食べて、中々の美味でしたので、冒頭で紹介します。

こちらです。ご当地クリームシュー第3弾とのことで、1弾と2弾を存じ上げないわけなのですが、こちらのシュークリームは「湘南ゴールドソース」なるものがクリームの中に入っていて、神奈川県産の「湘南ゴールド」という、神奈川県が開発した柑橘類の品種のソースが入っています。この湘南ゴールドソースが程よい酸味を与えてくれて、クリームたっぷりなのにさっぱりとした後味になり、ちょっと感動しました。言わずもがな、コーヒーとの相性はバッチリです。知らぬ間に第3弾まで来ているので、いつこの商品がなくなってしまうかわかりません。気になる方は是非、お早めにお試しください。余談ですが、最近家の近くのスーパーで「湘南ハイカラプリン」なるプリンの限定販売が行われていたりしていて、湘南ブーム、もしくは湘南推し、いや、湘南乃風が吹き荒れている模様です。

さて、それではシュークリーム同様にこちらも第3弾になる、ハワイアン雑貨コレクションを行いたいと思います(切り替え大事)。

■過去のハワイアン雑貨コレクション記事はこちら

moclog.hatenablog.com

moclog.hatenablog.com

お気に入りのハワイアンアイテムたちPart3

アロハシャツです。いきなり雑貨ではなく恐縮ですが、可愛い商品なのでどうしても紹介したく。こちらはハワイに行った際の購入品になります。金額は当時のレートで税込3,000~4,000円前後だったかと思います。勝手な印象ですが、日本人が思い描くハワイの色合いのような色です(本当に勝手な印象ですみません)。ところどころにハイビスカスが描かれています。ハイビスカスはハワイ語Aloalo(アロアロ)と言って、「神様に捧げる花」という意味があるそうです。調べてみると、その色によって花言葉が違うようで、このシャツにある赤色は「勇敢」、黄色は「輝き」を意味しているそうです。いちいち(言い方)オシャレですよね。知れば知るほど好きになります。また全体の紺色の部分は、よく見ると黒いヤシの木がたくさん描かれています。サイズはSサイズを購入したのですが、丈は海外サイズなのか長めです。ただ、私は肩幅がガンダム体型なので、肩回りなどはピッタリしているため、全体が海外サイズというわけではなさそうです(ただ身長が低いだけ)。Tシャツの上から羽織って、前ボタンを開けるのも良いですが、私はボタンを閉めて、このハワイ感を前面にアピールする着方をすることが多いです。

続いてはこちら。

Maui Jim(マウイジム)という、ハワイ生まれのサングラスです。品番は「h804-25w」、お値段は結構お高め(購入当時は税込36,000円程度、現在は45,000円程するかもしれません。円安怖い)なのですが、その分、本当に素晴らしいサングラスです。こちらのレンズは特許取得をしていて、「色彩を強調」出来るようになっています。その為、太陽の光や、地面の乱反射などが強い場合でも、視界がくっきりとする印象があります(一言でいえば、良く見える)。また目が弱い私には大変嬉しい、眼精疲労を防ぐミラーコートを施している他、反射防止コートにより光をブロックしてくれるので映り込みがほぼありません。UVも100%防止です。レンズのサイズが横60㎜、縦44㎜と大きくなっているところもGoodです。調べたところ、世界中のプロのサーファー、ゴルファー、フォトグラファーからも支持されているのだとか。一般人の私が付けるのは、おこがましいレベルのサングラスです。また個人的にありがたい点は、テンプル部分(耳にかける部分)が、外側へ柔軟に広がるところです。

1人で撮っているので変な撮り方ですが、伝わりますでしょうか。伝わっていなくとも、外側に広がることは事実で(強引)、これがサングラスを外した時、キャップの上に乗せておくのに便利です。乗せやすいし、落ちにくいと感じています。前回紹介したメッシュのキャップとの相性も最高で、1人雰囲気ハワイを楽しむことが出来ます。これはサングラスそのものではないのですが、こちらの専用のケースがここまで薄くなることも嬉しいポイントです。

普段はこちら。

この薄さであれば、小さめの鞄でも問題なく入るので、ケースの持ち運びもしやすく、大変助かります。問題点を強いて上げるとすれば、海外経由で発送となる為、到着まで時間を要したことでしょうか。私は楽天で購入したのですが、注文が昨年5月10日、お届け予定日時は6月9日と、約1ヶ月かかりました。実際の到着日も予定日と同じだったと記憶しているので、本当に長きにわたり、待ちました。それでも到着してからは大満足しているので、高価でしたが、購入して良かったと感じています。国内でもコストコなどで販売されていることもあるようなので(私は見かけたことがないのですが)、高価なものですし、気になる方は一度店舗でレンズの使用感を確認すると良いかと思います。

私は人生初の海外旅行がハワイだったこともあって、ハワイアングッズにハマり始めましたが、こうやって少しずつ身の回りがハワイアンになっていくと、オシャレ度と満足度がどんどん高くなっていくので、初めての海外旅行がハワイで良かったと思う、今日この頃でした。

Moclog

■Moclog記事まとめ

MoclogのオフログVol.32【新規口座開設の成功と失敗〜UFJ銀行口座の支店を変更する〜】

本日もぬるっと始まります、オフログです。

最近は本当に気温の高い日が続いておりますが、それと同じくらい、私の用事がある日に限って、強い雨の日も続いております。用事は週1回あるかないか程度なのに対し、ここまで連続で、ピンポイントに雨が続くと、自分の日頃の行いを疑ってしまいます。休日は掃除もするし、靴下を脱ぎっぱなしにすることはないし、食べた食器は片付けて(下げて)いるし、意外と細かいところまで行っている気がするのですが……あ、こうやって当たり前のことをさも「しっかりやっている」アピールするところが、あざとさ、腹黒さ、いやらしさが出ているのかもしれません。これくらい、やって当然のことなのですね。お天道様は全てお見通しであると。日頃の行いではなく、日頃の考え方を変えなければなりません。全て納得です。これからはお天道様を欺く思考回路を身に付けてやろうと思います(根本的なダメ人間)。

さて、冒頭の通り私は人様に誇れるほどの(?)なかなかのダメ人間なのですが、先日も会社指定支店の口座開設をお願いされていたにも関わらず、しっかり最寄りの支店にて口座開設をしてしまうという凡ミスをしてしまいました。せっかくなので(?)、私が行った口座開設方法を簡単に綴ってみたいと思います。

三菱UFJ銀行の口座の支店を変更する手続き

※先に注意点をお伝えすると、全国どこの支店でも取り扱い可能の為、基本的に三菱UFJでは支店変更というもの自体が窓口でも出来ません。

その為、①口座解約→②新規で再度口座を作る流れとなります。結構手間です。この口座解約もインターネットで出来ますが、デビットカードを同時に作成した場合は窓口でしか解約が出来ませんのでお気を付けください。ちなみに、来店予約をして行かないと、1時間程度待つ場合もあります(私)。口座を作る際は、支店指定の有無は必ずご確認ください。

ということで、今回私が新規口座開設を行ったのは、三菱UFJ銀行です。いまやインターネットで、簡単に口座開設が出来る世の中です。三菱UFJ銀行に関しては、たったの3ステップ、最短翌営業日に口座開設完了(しかも印鑑不要)ということで、一体全体どのように審査しているのかもわからないスピードで口座開設が可能です。

①携帯でアプリをダウンロード

必要事項を入力していきます。入力項目もさほど多くはなく、名前や住所、既に三菱UFJで口座を保有しているか、などの簡単なものでした。強いて言うなら、名前の入力でアルファベットを入力するところもあったのですが、大文字入力が一文字ずつ小→大に変換しなければならなかったところが大変でした。(これは私の携帯の問題。ではなく、恐らく私が操作方法すらわかっていないことが問題)

②本人確認書類の撮影

一通り入力を終えると、今度は本人確認書類の撮影に移ります。免許証がある方は免許証だけで大丈夫で、その他にもマイナンバーカードなど、本人確認書類は様々な書類に対応していた(しっかり見ていなかったので、ような気がする、と置き換えてお読みください)かと思います。少し前、別のところで同様に免許証の撮影が必要な場面があったのですが、その時は全くと言っていいほど書類の読み取りが出来ず、大苦戦した記憶があったので、今回も同様でないことを切にお願いしていたのですが、三菱UFJ銀行のアプリは大変優秀でした。スムーズに進むことはもちろん、「鮮明に映っていますか」のような問いかけをこちらに投げかけてくれて、選択権がこちらにありました。これはありがたかったです。私のおじさん視点には鮮明に映っておりましたので、サクサクっと進めることが出来ました。アプリ開発者様、本当にありがとうございます。ここまでは順調でしたが、この後が私にとっての難関でした。

③登録アドレスにメールが届いているかの確認・ショートメールに記載の数字4桁を入力

撮影等々が終わると、登録したメールアドレスにメールが届いているかの確認と、ショートメールに記載の数字4桁を入力する場面があり、各々確認の為、別ブラウザを開く必要があります。アプリ(入力画面)に戻ると何故か1番最初の画面に戻ってしまう現象が、稀に発生します(アプリが消えてしまう?)。私はこの現象が1回ずつ発生し、かつ、2回新規口座開設を行ったので、4回この現象が起こりました。文字通り、振り出しに戻るとともに、いとしさと切なさと心強さが襲ってきます。ですが、ここで心が折れては行けません。1回ここまで進めていれば、2回目以降は自分でも信じられないスピードで、もはや口座開設マスターのように同じところまで進めることが出来ます(原因、意味共に不明)。メールアドレス確認はパソコンなど別の端末で確認すれば問題ありません。ショートメールに関しては完全運任せで行きましょう(なんの参考にもなりませんが)。2回に1回は成功すると実証済です。ショートメールの認証確認が終了すると、「【三菱UFJ銀行】口座開設の申込受付完了」というタイトルで、登録したアドレスにメールが届きます。結果は原則当日から翌営業日にメールで通知が来ることになっているので、受付結果が届き次第、手続きは終了となります。

このような流れで、およそ1,300文字にまとめられるレベルで、簡単に口座開設が可能です。私のように失敗しなければ、これほど便利なものはないと思います……とここまで書いてから、肝心の口座選びについて書き忘れるダメ人間ぶりを発揮しました。口座は自分の自宅から最寄り圏内の店舗+会社指定がある場合はこちら、の選択肢が出て来るので、そちらでお選びください。肝心なところをこれ以上ないほどサラッとお伝えする、モクログでした。

Moclog

■Moclog記事まとめ

MoclogのぼやかせてくださいVol.4

Moclogのぼやかせてくださいです。今日は蓋を閉めて下さいというお話。

私は貧乏性なので、チューブ入りの調味料や歯磨き粉などはしっかりと使い切りたいタイプです(唐突の告白)。そんな私は最後まで中身を使い切る方法として、昔「伊藤家の食卓」と言う番組で紹介されていた方法をよく利用しています。その方法というのが、チューブに空気を入れ(と言っても、押し潰れた容器を戻す程度)、チューブのお尻側を持って、力の限り思い切り振るという方法です。こうすることで、チューブに残っていた中身たちが出口へと集められて、最後まで使い切ることが出来ます。もう出てこないと思っていた中身も、意外とたくさん出て来ることがあります。妻も調味料を使い切る時にこの方法を取るのですが、私はやり方に少しだけ不満を持っています。それは何かというと、妻がチューブを振る前に、蓋をしっかりと閉めないこと。ある日仕事から帰ると、キッチンの壁の高いところ(妻は小柄なので、間違いなく届かない)に何かが付いていることに気が付きました。私が「何かついている」というと妻は、「あぁ、そこにも?それね、ニンニク」ナチュラルに言いました。いやいや、ニンニクがどう頑張ったらそこに辿り着くわけ?と思ったので、よくよく聞いてみる(尋問)と、チューブの中身が少なかったから、チューブを振ったと。その途中で「ポン」という音とともに、中身がファイアーしたと。四方八方に飛び散ったから、発見出来たところは拭いたけど、そこは気が付かなかった、と言うものでした。これで中身がどれ程の力で出口へと向かって行っているのかが証明されました。なんて言っている場合ではなく、ちゃんと蓋をしましょうと伝え、壁を拭きました。

そして昨日。「ポン」という音とともに、私の目の前をとんでもない勢いで薄い黄色の半固形物のようなものが横切りました。驚いて妻を見ると、生姜のチューブを片手に爆笑する妻。それだけで自体を把握。笑いながら2人でふきふき。そして1日経った今日、天井にもファイアーしていることが判明。完全に固まっており、無理矢理剥がすと壁紙も持って行かれそうだったため、協議の結果、模様として共に生活することとなりました……ちゃんと蓋を閉めて下さい!(※皆さんもお気を付けくださいませ)

Moclog

■Moclog記事まとめ

写真素材素材【写真AC】